venicearchipelago.com

インフレと経済の浮揚

インフレと経済の浮揚

インフレと経済の浮揚 インフレというのは、物価が上昇する現象のことを言います。デフレと違って、インフレというのはむかしから経済のことを考える上では重要な用語でした。とりわけ高度経済成長下にあった日本においては、将来的なインフレの可能性について盛んに議論されていたのです。

インフレというのは、しばしば好景気と相まって顕現します。そもそも経済というのは、消費によって支えられているのです。消費が活発化するということは、すなわち物がたくさん売れるということです。つまり需要と供給の関係の中で、需要の方が高い傾向にある時に、物がたくさん売れるという状況が生まれます。物がたくさん売れれば、お金の巡りが良くなります。血の巡りが良くなれば健康に良い結果がもたらされるように、お金の巡りが良くなれば経済に良い影響を与えます。すなわち、物が売れて消費が活発化すると、それだけまた物の値段が上がります。したがって、その分企業も利益が大きくなるのです。企業の利益が大きくなれば、人々の収入も向上します。収入が上がれば、また財布の紐はゆるくなるのです。財布の紐がゆるくなれば、またしても物が売れていき、インフレは進みます。このように、インフレは経済の浮揚においては欠かせない現象なのです。

Copyright (C)2015インフレと経済の浮揚.All rights reserved.